スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年06月02日

俺の防弾防刃救命胴衣がこんなに忠実なわけがない!!

皆さんこにゃにゃちわ
中佐です

6月になりました
梅雨ですね
サバゲに行きづらくなりますが
行ってもダベってるだけなので関係ないのかもしれません
よく知りませんが

そーいえばまだ三曹君がゲームレポを書きませんね
サイタマ人の民度が知れます
あーでもきっと誰もが笑ってしまうような面白い記事を苦心して書いてるのかもしれません
皆さん期待しましょう





さて先日は
晴海埠頭で開催された「東京みなとまつり」に行ってきました
軍艦とかは来ませんでしたが
海保の測量船とか見られると聞いたので行ってみました

が、測量船や浚渫船の見学は土曜日のみで
日曜日は上の写真にある漁業練習船「海鷹丸」しかいませんでした

この「海鷹丸」という船は国立東京海洋大学(旧東京水産・東京商船大学)の保有する調査・練習練習船で
総トン数1886t 全長93メートルと、漁業練習船としては世界最大の船だそうです
船の区分としては「第三種漁船」に該当しますが
練習船としての性質上、レーダーはXバンド・Sバンドを共に装備装備している他
トロールウィンチやCTD・多目的ウィンチなど、調査船としての装備も充実しています
船首船橋下の外板が抉れているのはマグロ延縄船の特徴です
またこの船は南極海での調査を実施するため耐氷船としての強度も有しており
船体外板は通常の船舶よりも厚くできているそうです
まあしらせのように氷を割って進むことはできませんがw

海洋大学に所属する学生さんはこの船に乗って遠洋航海や漁業実習に取り組むそうで
世の中にはそんな大学もあるのかと驚きました
きっと真面目でしっかりしてて協調性のある学生さんばかりなんでしょうね~





さてそんなことはどーでもいいんですが
ターミナル内で海保が脱肛モノの展示をやってました
アレとかソレとか触りたい放題です









実物の厚みがどーとかよりも
某レプリカの忠実さに感動します

ちなみに解説員は保安協会か何かの天下りOBだたので
素知らぬふりをして

「これでてっぽうのたまとかとまるんですか?」

と聞いてみたところ

「じゃあ中身見てみましょうか?」

と言って
あろうことかソフトアーマーを取り出してくれました

写真もおkとのことなので撮りまくっていたところ
待機していた保安官が飛んできて

「申し訳ありませんが写真はダメです。削除していただけますか?」

といって目の前で削除させられました
悲しいことです

ちなみにソフトアーマーはケプラー製CLASS:自主規制
守備範囲は自主規制でした
あれじゃライフル弾とか自主規制と思います





タグ
これは今度三曹君がオプションとして製作してくれます
企業名とか書いてありますが
検索しても詳細が全くでてきません







ついに明らかになった青いヘルメットの中身
PROTECH製みたいですが
デルタアフリカ負け犬装備のPROTECHとは違うそうです
このシールも今度作ります







楯とか
大楯は巡視船PL67「あまぎ」のものみたいです
カッコよす


まあそんな感じ
この後、ニヤケの止まらない一日でしたとさ

ばいばい  

Posted by 中佐・ジョソ・さんそう at 19:43Comments(0)その他

2013年05月25日

空飛ぶ金髪ロリ

こちら の動画をご覧になりつつ、以下の歌詞をお読みいただくと幸せになるかどうかは保証できません。


キモヲタの群 ウォーウォーと コブラは征く 千葉の果て
機体に微笑む 美少女と 胸が貧しい ロリ顔の
印はわれらが 対戦車隊

寒風(冬コミ)酷暑(夏コミ) ものかわと 艱難辛苦(待機列) 打ちたえて
魔改造に当る強兵(ヲタ自衛官)が しっかりやって 来てくれと
愛機に祈る ヲタごころ

過ぎし幾多の 航空祭 左翼騒ぐ その中で
限定グッズの 販売と コスプレするぞと キモヲタの
心で挑む 航空祭

アグネス交わる PTA 七度重なる 抗議文の
ヲタクの心に涙あり ああ別れ難き美少女の
笑って散るぞ 最終回

世界に誇る 二次元の 翼のばせし 幾千里
イタい伝統 受けつぎて 新たに興す 千葉帝國
われらは木更津対戦車隊




中佐です

もう5月も終盤ですね
今年は毎日色々と忙しく
日々が流れるように過ぎて行きます
今日は今月初めてのサバゲでしたが
久々すぎてとてもつかれました
まあサバゲなんてマジメにやってないんですけどね
その辺のお話は三曹君よりあるかと思います…





さて今年は(も?)4-5月と自衛隊イベに行ってきました
今回はいくらかその話をしたいと思います





4月末に恒例の下志津駐屯地祭に行ってきました
もう毎年行ってて見飽きてるので
もういいかとは思うのですが
いざ当日になると出かけてしまうのは毎度のことです
今年は例のアニメとかドラマの影響か
例年より参加者が多いような気がしました





主役の彼は87式なんちゃらかんちゃら君です
見飽きたのでスルーする予定でしたが
いざ走行音が聞こえてくるとカメラを構えずにはいられませんでした
いつも思うんですがこの車輌って
高性能演算装置による対空射撃がどうとか言ってますが
いざ有事となれば
半分地中に埋められて直接照準による水平射撃とかで活躍してそうですよね
一式砲戦車的なw





82式搭載のM2に空砲を装填するお兄さん
せっかくの休日にごくろうさまです





固定床の89に20連マグの組み合わせ
マガジン違うだけで他の銃みたく見えます
今度再現してみたいです





今回の予想外
例年「開かずの間」であるはずのPXが解放されてました
失禁するかと思いましたが
同時に破産の恐怖を感じました
が、現金の持ち合わせが少なく
カードも使えなかったので
最低限のラインで自重することができました
3型上下とか外被とか半長靴とか物欲が大変でした
まあそれでもあれこれ小物中心に確保





今回最大の収穫
5年とか通い続けてやっとこさ入手できました
下志津ワッペンです
つつじの花に兜の組み合わせがカッコいいです
でも特に良いのは「千葉」の文字です





続いてGWには木更津航空祭に行ってきました
毎年秋頃開催だたような気がしますが
今年は何故かこの時期でした
木更津は毎回サービスが良いというか
隊員さんが素で楽しんでやってる感があって好きです
訓練展示とかも迫力があるのでおススメです





そしてまあ恒例のお楽しみとなりつつある痛コブラ
もう本当にどうしようもありません
年々ひどくなってます





今年はOH1までこんな感じでした
さすがは我が統治下たる千葉です







今年は金髪ロリとメガネっ子がメインキャラでした
整備の皆さんは本気です





そして色々間違ってる物販コーナー
グッズとか売ることを前提に作ってる感が著しいです









これはもうまるでビッグサイトです
コスプレしてる自衛官もいました
完全にコミケ状態です
ヲタクキモチワルイ





ちなみに飛行展示の方は
般若塗装のコブラがアクロバット飛行しててカッコいかったです
ブルー並の内容で驚きました
ぜひまた参加したいものです





というわけで今回の戦果
大変貴重な「自衛隊グッズ」を入手できました
缶バッジとか良いです
企業ブースがどうとかじゃありません





ちなみに普通のグッズもいくらか買いました
106飛行隊付警戒隊パッチとか珍しいです
サバゲでも使えます


まあそんな感じ
ちなみに明日は船橋マリンフェスタか東京みなとまつりに参加予定です
次はどんなキモイ人が見られるのでしょうか??

じゃねー  

Posted by 中佐・ジョソ・さんそう at 21:27Comments(0)その他

2013年03月23日

南の国から

皆さんあけましておめでとうございます
中佐です

久方ぶりの更新となりますが
ここしばらく日本を離れておりまして
今月上旬に無事帰国しました
ジョソ君や三曹君には僕が不在の間も更新するように言っといたのですが
実際どーなったかは皆さんご存知の通りです
これはどこかの劣等民族が仏像を返さないのと同じくらい遺憾に感じます
彼らには何か陰湿な罰を与える必要があると感じます

さて、先述の通り
私はここ4ヵ月ほどかけて太平洋をほぼ一周してきました
果ては南緯64度くらいまで行ってきたのですが
その道中には色々とミリタリーなものも見かけたので
今回はその辺の写真とかをご紹介したいと思います





東南アジアではベトナムに行きました
ベトナム戦争のベトナムです
写真はホーチミン市の中央郵便局ですが
ホーおじさんの肖像画が掲げられています
絵に描いたような共産国家です
が、街中はかなり資本主義的に発展しているので
その辺のアンバランスが興味深い感じでした
ちなみに千葉県内の郵便局には私の肖像画が掲げられています





街中で見かけた交通警官?白バイ隊員?です
中田商店とかで売ってるのと同じホルスターを携行しています
中身が気になったので見せてくれと頼みましたが
キッパリNo!と言われました
他にも街中の詰所で見かけた軍人は
ごく普通にAKMを携行してました





白バイはこんなのです
明らかに日本製ですが
共産国家の警察機関がそれで良いのでしょうか?
それともこれって日本のお古だったりするんですかね





いかにもな制服を着たお姉さんですが
彼女は共産党青年行動隊的な機関の所属らしいです
警察とは違うようで
ガイド曰く「アメリカ的なものを取り締まる人」とのことでした
が、実際には交通整理とかしてました
ベトナムには他にも色々と制服を着た人がいましたが
どれが何なのかよく分かりませんでした





続いてこちらはオーストラリアにて
タスマニア警察所属の水上警備艇です
船尾にはゾディアックが1艇搭載されてました
カッコよす





徽章はこんなです
この辺は宗主国であるアノ国と同じような感じですね









警察車輌いろいろ
チェッカー模様がアノ国と同じです





ホバート港では海軍の補給艦を見かけました
艦名はちょっと分かりませんでした
ファンネルマークが「らしい」ですね





同じく海軍の警救艇





フリーマントルの海事博物館では潜水艦を見学しました
オベロン級潜水艦の6番艦HMASオーバンズです
冷戦期の英国製輸出用潜水艦だそうで
動力は通常型です
イギリスの軍艦は艦名にHMSがつきますが
オーストラリアではHMASになるみたいです
気づいたときは笑いましたw







こちらはタスマニアで訪れた陸軍博物館です
休館日だったようで施設内の見学はできませんでしたが
「いかにも」な感じの建物には癒されました







壮絶なデザインの木像を発見しました
ステアーは実銃みたいでした
ルワンダに派遣された部隊とかこんな感じの装備ですよね













その他モニュメントの数々
某FDさんとかが喜びそうな感じです





続きましてこちらはフランス領ニューカレドニアにて
海軍基地に係留されたフランス海軍フリゲート艦「ヴァンデミエール」です
造りが日本やアメリカの艦とはだいぶ違う感じですね
同艦はイラクにも展開したそうな





「軍用地につき立入禁止」を警告する看板
これを無視した私の友人は
後に軍用犬に追い回されることとなりました…













警察・消防車輌いろいろ
回転灯が青いのがいかにもフランスらしいです





警察官はSP2022(SIG SAUER Pro)を携行してました
SIGの実銃を見たのはこれが初めてかと…





ミクロネシア・ポンペイ島では大量の95式軽戦車を発見しました
ノモンハンでBT7相手に壊滅したアレです
ポンペイ島は米軍の「島一つ飛ばし作戦」で生き残った島なので
戦車はどれもほぼ無傷で状態が大変良かったです







多少の補修をすればかなりレベルの高い展示品とかになると思います





車内の状態も上々でした
写真は砲弾ラックかと…





最後に帰国後の東京にて
海上保安庁HL01「昭洋」
巷で話題の測量作業ごくろうさまです





警視庁警備艇「いそちどり」
かっこよす


とまあそんな感じです
コッチの方面でもかなり楽しめた旅でした
皆さんにご紹介したいネタがもう一つあるので
気が向いたら書こうと思います

さて、明日は久々のサバゲです
じゃねー  

Posted by 中佐・ジョソ・さんそう at 19:16Comments(0)その他

2012年08月18日

ブローニングハイパワーMk.Ⅲを造ろう ②




皆さんこにゃにゃちわ
中佐です

実に早いもので
8月ももう半分を過ぎました
が、マトモなサバゲにはまだ一度も行ってません
去年くらいまでは無理してでも炎天下で重装備とか喜んでやってたんですけどね
もう色々と悟りの境地に達した感もあって
今夏はそこまでして遊ぼうという気になりません

でもサバゲ以外の部分では結構充実してます
先日ご紹介したバーベキューとか行きましたし





自身2度目となる夏コミにも参加しました

サバゲを通して得た知識や教訓を遺憾なく活かして暴れまわってきました
企業専なので同人誌とかは買いませんでした
そもそも西館以外に行ったことがありません





今回の総戦果です
個人的には大満足な内容でした
西館内の全TARITARIグッズを攻略することができました

ちなみにこの写真の中には5人の企業戦士が隠れてます
どこに居るのか当てられた人には写真に写ってるグッズの中から好きなものをあげます





コミケの前には日帰りで鎌倉・江ノ島行ってきました
僕の嫁である和奏ちゃんのおうちにお呼ばれしたもので







和奏ちゃんとはJR鎌倉駅で待ち合わせをしました
僕の暮らす聖都千葉から鎌倉までは電車で3時間くらいかかります







鎌倉からは自転車に乗って江ノ島を目指しました
由比ヶ浜の辺りから海沿いを進む感じです







江ノ島へは初めて行きましたが
なかなか風情のある良い場所だと思いました
同棲するのも悪くないと思いました





和奏ちゃんちは島の一番奥の方にあります
都道府県で例えると長野や岐阜です

割とオシャレな店でリア充とか多そうなイメージですが
何故かネクラキモヲタ臭い独身男性ばかり居ました
極めてキモイと感じました
ちなみに僕は2階で和奏ちゃんとイチャイチャしました
教祖の隠れ部屋は中2階ですが和奏ちゃんの部屋は2階です





僕の嫁は看板娘です





そんなこんなで江ノ島近傍でのTARITARI聖地巡礼と
スタンプラリー他限定グッズ全攻略のミッションを完遂しました


さて、リア充の自慢話が続いてしまってスミマセン
ここから本題に入ります
以前掲載した記事、「ブローニングハイパワーMk.Ⅲを造ろう」 の続きです





前回の記事ではJACのブローニングハイパワーMk.Ⅲについてランヤードリングの設置に固執し
大変頭の悪い方法で英軍モデルのL9A1を製作しました
そしてランヤードリングがつけば今度はランヤードそのものをつけようとなるわけですが
そこでまたひと悶着あったので仔細をお話します





問題となったのはこの写真です
見所は色々とあるんですが
最も注目すべきはランヤードです
何故か「赤い」です
私はこれまでに色んな国の兵隊さんの写真を見てきましたが
赤いカールスコードというのは初めて見ました





やっぱり赤いです
まあ別にFPGが特別に赤いの使ってるとかそーゆーわけじゃないと思います
この兵隊さんがたまたま赤いのを使ってたんだと思います
でもカッコいくないですか?赤いランヤードって??
英軍系アイテムで「赤いの」と言えばかつてはメディックシザーとかありましたし…

というわけでこのランヤードを探してみることにしました
が、いくら海外のミリタリーショップとか探してみても見つからず
普通に黒いので済まそうかと諦めかけていると
チーム員の三曹君が朗報をもたらしてくれました





赤いランヤードです

これはイタリアNuova Rade社の製品で
小型舟艇のキーや船外機のキルスイッチの紛失防止が本来の用途になります
ちなみにNuova Rade社はヨーロッパやアメリカではごく一般的な船用品メーカーで
日本においても小型舟艇を中心に同社製品が使用されています

当初、三曹君はこのアイテムを海外のサイトで見つけてきたので
またしょーもないものを輸入せねばならんのかと思いましたが
ちょっとググったら日本でも売ってました

尚、三曹君はこの功績を認められ
8月付の尊師通達で菩長から悟師へ
さらに防弾救命胴衣製作の功績により
悟長補へと昇格しました
この調子でいけば正大師も夢じゃありません





というわけで着けてみました
何かしら加工が必要かと思いましたが
意外にもそのままいけました
実にカッコういと思います

ちなみに一応言っときますが
先の写真のランヤードがコレであるという確証は全くありません
見た目的にも用途的にもアリかと思ったのでコレにしてみただけです
限りなく近いとは思うのですが…





せっかくなのでホルスタも買ってみました
MOD Policeとかで使ってる黒いやつです





本当は上の写真を真似してDPMカラーのが欲しかったのですが
ちょうど手に入るのが黒いのしかなかったのでコレにしました
個人的嗜好としてホルスタはレッグよりヒップのが好きです





このホルスタにはオプションでフラップが着きます
説明するのは難しいですが色々とアレなパーツです





ちゃんと別々にタグがついてます
適度に頭が悪いと思います





というわけで完成です
アヒャヒャ!カッコよす!!
皆さんも興味があったら真似してみてください
コレに興味がある人は頭がアレだと思いますが

ちなみにFPG装備は大体一式揃ったので
次の機会にでも一通りご紹介したいと思います
需要があるのか謎ですが…


まあそんな感じ
じゃねー  

Posted by 中佐・ジョソ・さんそう at 19:38Comments(0)その他

2012年07月27日

ブローニングハイパワーMk.Ⅲを造ろう

モジモジしてキモいねー(って紗羽ちゃんに言われたい

中佐です

昨日今日と日本全国メルトダウンな気候ですね
もう本当に家から出たくありません
サバゲなんて問題外です
が、あと二週間もすれば某逆三角形の形をした建造物周辺で
命をかけた戦いが幕を開けます
まあその戦いは勝っても失うものがやたらと大きいんですがね 経済的に

先日、今期のアニメはTARI TARIが素晴らしいというお話をしましたが
アニメに連動してコミックス版が発売されたので買ってみました





1~4巻ではありません 全て1巻です
初回購入特典が店舗によって違うので
秋葉原を練り歩いて全て買いそろえてみました
しかしこれでもコンプというわけにはいかず
聖地(江の島)近辺の提携店で色々配ってるみたいです
全て買うのでせめて舞台を千葉県北部にしてくれって感じです
恐ろしいことに今度発売されるOP・EDのCDでも同様の商法が展開されるそうです
BDとかDVDまではさすがに厳しいですが
せめてCDまでは頑張ってみようと思います

ちなみにこの写真を知人に見せたところ
「頭がおかしい」と言われました
そんなことはありませんまだ大丈夫です
なんせSOF団には同じCDを数百枚とか買う人がいますから





さて、今日のお話は題名の通り「ブローニングハイパワーMk.Ⅲを造ろう」ということで
「満足のいく」 ハイパワーMk.Ⅲを「造って」いくわけなんですが
そもそも私は「けん銃」というアイテムに興味が無いわけでは無いんですけど
少なくともコレクションの優先順位としてはかなり低いところにあります

何故ならそれは私が主として収集する装備が「英軍」の「一般歩兵」であり
コスプレ的にけん銃を携行する機会が少ないからです
さらに年代設定としては2000年~2008年くらいと90年代後半がメインなので
マルイのSIGP226さえ持ってれば何とかなってしまう現実もあります
ではそれがなぜ今ハイパワーなのかという話ですが…





最近徐々に装備が集まってきたFPGRMのカッコをするのに
けん銃はハイパワーを使いたいからです
これは別にFPGがハイパワーしか使ってないとかそーゆーわけではなくて
よく見かけるFPGの写真は割かし古いものが多く
ごく個人的な考えとしてFPG=ハイパワーという構図があるからです
なのでSIGとか使っても全然おかしくはないと思います





というわけでハイパワーMk.Ⅲを造るわけですが
上の写真は実銃のもので
いわゆる英軍モデルのL9A1です
今回はこの写真をお手本にして
可能な限り外観を似せていこうと思います

さて、皆さんはここまで長々と読んできて

「そんなんタナカとかJACの買えばそれでいいじゃん」

てな野次を飛ばしてるのではないかと思います
僕も以前はそう思ってました
が、そこには後述するような問題が浮上してきました…





まず最初に素材となる機種の選定ですが
国内でハイパワーを製造・販売している(していた)メーカーとしては
認知している範囲でタナカ・マルシン・JACがあります

この中でマルシンはMk.Ⅲを出していないので無しとして
残る候補はタナカかJACになります
両社共にMk.Ⅲを出してはいるのでどちらにするか悩みましたが
外観を重視すること、実射性能は気にしないこと、そして後述する問題等々の理由からJACにしました
尚、JACというメーカーは既に倒産しているので
モノ自体はヤフオクで中古品を探して購入することにしました





というわけで爆乳 JACのブローニングハイパワーMk.Ⅲです
大変素晴らしい出来で、マルイに勝るとも劣らない外観をしてます





反対側
見づらいですがバレルは銀色をしてます
実銃も銀色みたいなのでこれは嬉しいです

というわけで一見大満足なJAC製ハイパワーですが
唯一にして最大の問題点に気付いてしまいました…





ランヤードがつかなあああああああああああああああああああああああああああああああ

そうですこのMk.Ⅲにはグリップ底部にランヤードリング取付用基部がないので
ランヤードが着きません

これじゃダメです 全然ダメです
何がダメってランヤードが着かないのは全然ダメです
公用けん銃にランヤードがつかないのは悲しいです
プールの無い小学校と一緒です

そしてこの問題はJACに限った話ではなく
タナカのMk.Ⅲもランヤードは着きません
さらに両社共、モデルM1935やMk.Ⅱにはランヤードが着くのに
Mk.Ⅲにだけは着きません

それでまあどーするのかって話ですが
一番無難なのはランヤードの着くM1935とかのモデルを買ってきて
メインフレームだけ交換しようかと思ったのですが
それだと切り欠きのあるMk.Ⅲのグリップがありません
そんなの自分で加工して造ればいいとも思ったのですが
個人的なこだわりとして銃の外観に自作とか極力したくないので
それはどーにもならんかった時の最終手段にすることとしました

と、以上の問題やモヤモヤはだいぶ以前から気付いてたことで
Mk.Ⅲの導入になかなか踏み切れない理由でもありました





そこで救世主となったのがコレ
ツルペタロリ 同じJACのブローニングハイパワーMk.Ⅲで「ノバック・カスタム」と呼ばれるモデルです
何が救世主かと言えば…





ランヤードが着きます

グリップも切り欠きがあります
出来るのなら始めからやれって話です





が、こいつはこいつで問題を抱えていて
その名の通りゴミみたいなサイトがついてます
コレの何が良いのかサッパリ分かりません
ジャマです





さあここまでくればもう何をするのかお分かりですね
普通のスライドとランヤードのつくフレームをニコイチにします
「ニコイチ」って「フタナリ」みたいでえっちです





ちなみにスライド交換するだけでここまで分解せねばなりません
ガスガンはマルイしか知らない身には大変な苦労でした
でも三曹君には余裕だったそうです
日頃から埼玉県内の実家(納屋)でトラクターやコンバインの分解整備に取り組んでるだけのことはあります





というわけで完成です
刻印とかアレな点はありますが
個人的には大満足です
ランヤードリングは純正のがついてこなかったので
吉野ヶ里遺跡土産のキーホルダーについてたリングを塗装してつけてみました
比呂美かわいいよね比呂美





こちらは一連の工作により造り出された副産物です
使用済み核燃料です
少女と違ってアレが無くてアレが付いてるだけで
これほどにも魅力の無い子になってしまいます





とまあそんな感じです
ランヤードを着けたいという欲望を満たすために
銃1丁を造るのに銃2丁を使うという
かなり頭の悪いお話でした

まあ先述のグリップ加工仕様は三曹君が造るみたいなので
完成したらきっとココで紹介してくれるのではないかと思います
もしいつまでも紹介されない場合は
サバゲ場とかで直接本人に催促してみてください
でもその時にヒソヒソ噂話をするとかはやめてあげてください
三曹君が自分の性癖をdisされたと勘違いして脱糞してしまいます

尚、先ほどからランヤードランヤード連呼してますが
そのランヤード自体についてもひと悶着あるので
時期が来たらご紹介したいと思います


というわけで以上です
長くなりましたが自己満足させていただきました

さようならさようならさようなら  

Posted by 中佐・ジョソ・さんそう at 21:41Comments(2)その他

2012年06月28日

紺色キセキ

皆さんアヒャホヘハ
中佐です

このブログも開設から半年近く経ちましたね
アクセス数は5000程度と極めて少ないですが
これは「機関」による陰謀のせいです
間違いありません

まあそれはそうとして
先ほどふとこのブログの検索ワードを見てみたところ
非常に興味深い記録が表示されていたのでご紹介します

①ぼくたちのサバイバルゲーム 僕たちのサバイバルゲーム

ここにピンポイントで来ようとした人か
何かテレビゲームのサイトと間違えて来た人ですね
まあ普通です

②湾岸戦争サバゲ サバゲーファッション サバゲ服装

どんな服装でサバゲに参加すればよいのか調べてみた人ですね
僕たちSOF団はサバゲで「勝てる」装備を常に追い求めているので
そのような理由でこのブログに辿り着いたあなたは幸運です

③艦隊対テロリズム保安チームブルーリッジ 対テロ部隊FAST装備 艦隊対テロリズム保安チーム

先日ご紹介したイベントに関するものですね
やっぱり人気なんですね米軍特殊部隊
僕はFASTなんて調べるまで知りませんでした
まああの記事を参考にしてる人がいるみたいで嬉しい限りです

④第13回ルリルリコンバットゲーム

明らかに身内の犯行です
もし身内の犯行でなければ問題です
あんなイベントが一般化してしまったら
サバゲというものの概念自体が書き換えられてしまいます

⑤日露戦争ヒストリカルゲーム

コアなマニアが騙されたようです(笑
そんなイベントは存在しません(笑

⑥印旛沼サバイバル

これは何がしたかったんですかね
「がんばってください」としか言いようがありません

⑦プリキュアパンツ

何故この単語が検索されたのか
思考するのは時間の無駄だと思うのでやめておきますが
何にせよ社会的に間違っていると感じます
でも本当に悪いのはこの単語を検索した人ではなく
この単語を記事本文に記載したジョソ君です
もし今後この単語のヒット数が100件とかに達したら
ジョソ君にはSOF団を脱退してもらおうと思います





さてここから本題ですが
以前ご紹介した日米合同親善寄港において
FASTの他に気になるものを見かけたのでご紹介します

ブルーリッジの見学中、ふと湾内を見渡すと
驚異的な風景が目に飛び込んできました





海上保安庁第三管区所属の監視取締艇 SS59「かぺら」です
会場警備のお仕事で出場していたようです

この瞬間もう脱糞するかと思いました
軍艦なんて放置してコチラを撮影しまくりです
JR千葉駅の5番線ホーム階段で少女のスカートの中が見えてしまったと仮定した時くらいガッつきました

「かぺら」は海保の主力取締艇「おりおん型」の内の一隻だそうで
船体はヤマハやヤンマーが製造する高速艇がベースみたいです
サイレンは古い写真と見比べると換装されていることが分かります
レーダーは信頼の古野電気製です
舷側に取り付けられた全周フェンダーが攻撃的ですねw





乗組員は操舵手1名と他2名の計3名です
内1人は女性みたいです
海保の警備装備をこんな間近で目にするのは初めてだたので
それはもう写真撮りまくりました

以下、彼らの装備を細かく見ていきましょう







まずは衣類ですが
一般的な出動服(?)に防弾救命胴衣の組み合わせです
プロテクターは肘も膝も着けてますね
肩には三管のワッペンが光ります

頭は88でしょうか
顎紐が良いです







そして皆さん気になる武装ですが
お決まりニューナンブです
が、2枚目なんかグリップ細くないですか?
これって所謂、初期型ニューナンブですよね…

それとホルスタですが
男性保安官はレッグ、女性保安官はヒップでした
ヒップのは形状的にサファリでしょうか?
レッグはよく分かりませんが
アンクルのレッグにオプションでフラップつけたみたいな気がします

あとランヤードが細身な気がしますね
警察で言うところの一つ前のでしょうか…







その他腰回りですが
手錠に特殊警棒、無線、フラッシュライトと
ごく一般的な組み合わせです
ポーチは全て布ですね
このカフポーチが欲しいです

腕時計はこれ多分オメガシーマスターのクロノモデルじゃないかと思います
自分も持ってるんでw

特殊警棒は現行警察のに比べて短いですね
やはり船内での取り回しを考えるとこーなるんでしょう

あと、ハンドマイクをパッチの隙間に挟んでるのにも注目ですw


とまあ海保については以上です
個人的には非常に喜ばしいものが見られました
今後のコスプレの参考にしたいと思います

尚、以上の装備について何か詳しい事をご存じの方がいれば
ぜひご教示お願いいたします
考察の大部分は「みたいです」「かと思います」なんでw

まあそんな感じ
じゃねー



ヲマケ

~最近見かけた「はたらくのりもの」シリーズ~





NPO法人 東京海難救助隊 海上保安庁指定パトロール船 「はばたき」









防衛省 海上自衛隊 公用車等





警視庁 覆面パトカー





千葉県警 移動交番車





鎌倉消防署 司令車(?) 指揮車(?) 海難救助系(?)  

Posted by 中佐・ジョソ・さんそう at 21:56Comments(4)その他

2012年06月18日

USMC FAST(Freet Antiterrorism Security Team)

皆さんこんばんは
中佐です

急に暑くなりましたね
炉心が溶融しちゃいそうです
週末は埼玉でサバゲする予定なんですけど
もうさすがにガチムチ装備は無理ですね
やはり世の中、冷房完備の屋外フィールドが必要です
節電は私以外の国民がちゃんとやってくれれば何とかなります

さて本日のお話ですが
先日参加した本職系ミリタリーイベントについて書こうかと思います
自衛隊の一般公開とかそーゆーのです

以前お話したかと思いますが
このブログはサバゲレポ中心に進めていくつもりなので
その手のレポはもうやらない気でいたんですが
日曜日に東京晴海で開催された日米合同親善寄港において
最新(?)の米軍(特殊部隊)装備を生で目にすることができたので
その様子を適当にご紹介しようかと思います

米海兵隊中心の内容になりますが
現用米軍マニアをされている方は多いかと思いますので
何かしら皆さんのお力になれれば幸いです
まあ本音はちょっと珍しいもの見られて興奮してるのと、今宵は暇なもんで

尚、私自身は現用米軍とかサッパリ分かりませんので
細かいツッコミとか勘弁してください







さてまず今回のイベントについてですが
先述の通り日米合同親善寄港ということで
日本側からは第四護衛隊群(呉)所属のDDH182 護衛艦「いせ」 (写真一枚目)
米側からは第七艦隊(横須賀)所属のLCC19 指揮統制艦「ブルー・リッジ」(写真二枚目)
の2隻が入港し、艦内の一般公開を行いました

尚、艦についてのご紹介は何というわけでもないので今回省略します
希望とかあればやりますが…







まずはこちら
海軍の警備兵です
写真一枚目の兵士はレッグホルスタでM9携行してます
ワッペンの配置とか参考になればどうぞ





本題はこちら
何と言えばいいのか分かりませんが
とりあえずこの風景を遠目に見た時はちょっと興奮しました
ご存知の方もいるかもしれませんが
私はこの趣味を本格的に始めた当時は
米海兵隊装備が収集対象だたものでw





FAST(Freet Antiterrorism Security Team) という部隊みたいです
日本語訳すると「艦隊付対テロ保安中隊」とかでしょうか?

この部隊についてちょっとググってみたんですけど
臨検から陸戦まで幅広くこなす米海兵隊の特殊部隊だと書いてありました
英軍で言うところのFPGRMみたいな感じかと思いましたが
仕事内容的にはもっと幅広いみたいです







装備はこんなです
サバゲ場でよく見かけるアイテムばかりですね
皆さん大好きなマグプルマガジンもありますよ
この辺はあまり興味が無いので装備の名前とか分かりません





ヘルメット
いよいよ何が何やら分かりませんが
このレールがついたヘルメットは流行ってるんですかね?
写真で見てヘルメット右側についてるライトはPEQ14らしいです









このベストなら僕も知ってます
イグルーのランドシラスですねよね?

ポーチの配置とか参考になればどうぞ







うしろとか
本当にもう絵に描いたような米軍装備ですよね
IR(?)のワッペンとかもう…







スナイパーブラザーズ
本物のギリーとか初めて見ました







その他SM用品
銃器の展示は一切ありませんでした





僕これ知ってます

「逮捕しちゃうぞ劇場版で墨東署に侵入したテロリストがドア壊すのに使ってたやつ」

です
彼らはアニヲタなんですかね?
一応言っときますが、以上の文章で何かシーンが頭に浮かんだ貴方は病気です。


とまあ以上です
何かしら皆さんのお力になれれば幸いです
私のこの献身的な姿勢は社会的に評価されるべきです
あと他にごく一部の皆さんが涎を垂らして喜ぶネタもあるんですが
そちらはまた気が向いたらうpしますね

まあそんな感じ
じゃねー  

Posted by 中佐・ジョソ・さんそう at 21:56Comments(2)その他